作成者別アーカイブ: 総務係

その他公表

〇上関町特定事業主行動計画

すべての職員が、働きながら安心して子どもを育てることができるよう、また女性職員の自ら持つ個性と能力を十分に発揮できるよう、上関町特定事業主行動計画を策定し、より良い職場環境の整備に取り組むこととします。

 

上関町特定事業主行動計画(word/doc/59.5KB)

 

〇給与・定員管理

技能労務職等の給与等の見直しについて(PDF/11.3KB)

給与定員管理について

平成24年度)(平成25年度)(平成26年度

平成27年度)(平成28年度)(平成29年度

上関町集中改革プラン(PDF/51.9KB)

 

〇上関町職員互助会の福利厚生に係る公表

上関町職員互助会は、上関町職員の福利厚生の充実を図るため、職員の掛金によって構成される互助会です。この互助会では、職員の健康維持・増進を目的として、職員が受診する人間ドックの補助等における活動費の給付を行なっています。

福利厚生に係る公表(PDF/514KB)

お問い合わせ

総務課 総務係

電話 0820-62-0311  FAX 0820-62-1600

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった

弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動について、内閣官房「国民保護ポータルサイト」に情報が更新されましたので、お知らせします。

 

弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

内閣官房「国民保護ポータルサイト」

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった

平成30年度 上関町職員採用試験案内

 試験職種、採用予定人員及び受験資格

試験職種採用予定人員受験資格
上級試験・一般行政職若干名平成元年4月2日から平成9年4月1日までに生まれた者で、大学卒業程度(卒業見込みを含む)の学歴を有する者。
初級試験・一般行政職若干名平成9年4月2日以降に生まれた者で、短大、高校卒業程度(卒業見込みを含む)の学歴を有する者。
初級試験・土木又は建築若干名建設業法第27条の技術検定(土木施工管理及び建築施工管理のみとする。)に合格している者若しくは建築士法第4条の免許を取得している者で高校卒業程度の学歴を有し、昭和58年4月2日以降に生まれた者。

原則として町内居住者又は採用後町内に居住できる者とします。

※詳しくは上関町職員募集をご覧ください。

 

試験の日程及び会場

職種区分試験日時試験会場
一般行政職及び土木又は建築職
第1次試験平成30年10月28日(日曜日)上関町総合文化センター
第2次試験平成30年11月中旬(予定)

 

受付期間

平成30年8月27日(月曜日) ~ 平成30年9月25日(火曜日)

午前8時30分から午後5時15分まで

 

ダウンロード

上関町職員採用試験受験案内(PDF/119KB)

 

 

お問い合わせ

総務課 総務係

電話 0820-62-0311  Fax 0820-62-1600

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった

女性の職業選択に資する情報についての公表

女性活躍推進法第17条に基づき「女性の職業選択に資する情報」について、公表いたします。

 

PDF:女性の職業選択に資する情報

 

お問い合わせ

総務課 総務係

電話 0820-62-0311  FAX 0820-62-1600

 

 

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった

地方行政サービス改革に関する取組状況等の調査結果の公表について

 総務省自治行政局が実施した「地方行政サービス改革に関する取組状況等の調査」について、本町における調査結果を公表します。

PDF:地方行政サービス改革に関する取り組み状況等(平成30年4月1日現在)508KB

お問い合わせ

総務課 総務係

電話 0820-62-0311  FAX 0820-62-1600

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった

町長あいさつ

上関町長 柏原 重海

上関町長 柏原 重海 現在、国においては「美しい国づくり」ということが言われております。

物の時代から心の時代へと移りゆく変わり目であるのだろうと思いますが、そのことに 関連して、各地でそれぞれの美しい風景や、自然環境等の価値が見直され、また、求められているのもその一例だろうと思います。

上関町は古くの時代から、海上交通の要衝として栄えてきた町でございますが、現在、町に残されている、海を代表とする美しい風景や私たちを取り巻く自然環境は私たちにとって貴重な財産であると思いますし、将来へ向けても残していくべきものであると思います。

また、そのための必要施策も考察していく必要があると思っております。

私としては、新世紀を迎え、社会情勢に合わせた新たな町づくりについての施策も必要になっていると考えておりますし、そのためには活気にあふれた町の将来 像というものをしっかりと見据え、ふるさと上関の再生のため、また、心豊かなまちづくりの実現に向けて努力して参りたいと思います。

 
 
この投稿は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった

人権・行政及び心配事相談

人権・行政及び心配事相談

上関町では、住民の皆さんが日常生活の中で人権に関わる悩み・困りごと(人権相談)や、行政全般についての苦情・相談・意見ならびに要望(行政相談)を受け、また援助する活動として人権・行政及び心配事相談を定期的に開催しています。

人権・行政及び心配事相談開催日程

年間計画(PDF/238kb)

 

 

お問い合わせ

総務課 総務係

電話 0820-62-0311  FAX 0820-62-1600

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった

防災ハザードマップ

土砂災害ハザードマップ(PDF)

上関・室津・志田(3MB)

上関・室津・志田 土砂災害ハザードマップ

白井田・蒲井・戸津(2MB)

白井田・蒲井・戸津 土砂災害ハザードマップ

四代(2MB)

四代 土砂災害ハザードマップ

 

祝島(2MB)

祝島 土砂災害ハザードマップ

八島(2MB)

八島 土砂災害ハザードマップ

土砂災害ハザードマップについて(2MB)

土砂災害ハザードマップについて

 
 
 
 

津波・高潮ハザードマップ(PDF)

上関・室津・志田

上関・室津・志田 津波ハザードマップ (752KB)  上関・室津・志田 高潮ハザードマップ (771KB)

白井田・蒲井・戸津

白井田・蒲井・戸津 津波ハザードマップ (621KB)  白井田・蒲井・戸津 高潮ハザードマップ (710KB)

四代

四代 津波ハザードマップ (634KB)  四代 高潮ハザードマップ (678KB)

祝島

祝島 津波ハザードマップ (745KB)  祝島 高潮ハザードマップ (804KB)

八島

八島 津波ハザードマップ (614KB)  八島 高潮ハザードマップ (688KB)

津波・高潮から身を守るために

津波から身を守るために (565KB)  高潮から身を守るために (423KB)

お問い合わせ

総務課 総務係

電話 0820-62-0311  FAX 0820-62-1600

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった

避難所

避難所マップ

災害による被害を防ぐには、日ごろからの心構え、準備が大切です。「いざ」というとき、適切な行動をとれるかどうかは、日ごろからの備えができているかによって決まります。

考えているだけでは緊急時に対処できません。まず実践してみましょう。

◎避難経路の確認

どのルートで避難場所までたどり着くか、非常事態では気が動転し正常に考えられなくなっているケースがあります。あらかじめ普段から避難経路を確認しておきましょう。災害に備えて、最寄の避難所と避難所までの道のりを確認しておきましょう。

 

上関町防災マップ

避難所リスト

NO.施設・場所名住所洪水土砂災害高潮津波
1上関小学校グラウンド上関町大字長島250
2上関小規模老人憩いの家上関町大字長島583-19
3上関町福祉センター上関町大字長島4904
4白井田文化福祉センター上関町大字長島3926
5蒲井小規模老人憩いの家上関町大字長島1490
6ひなの里よりあい館上関町大字長島2179-4
7四代文化福祉館上関町大字長島2092
8戸津つどい館上関町大字長島4723-1
9惣津ふれあい館上関町大字長島706-1
10ほのぼの活性化センター上関町大字長島180-19
11上関町総合文化センター上関町大字室津904-15
12室津地区集会所上関町大字室津798-1
13竹の浦集会所上関町大字室津391-1
14いこいの家大津千葉館上関町大字室津1623-5
15四季の里志田上関町大字室津22-1
16練尾小規模老人憩いの家上関町大字室津1458
17祝島小・中学校屋内体育館
上関町大字祝島10003
18祝島支所上関町大字祝島184-1
19旧八島小学校グラウンド上関町大字八島688-3
20八島ふれあいセンター上関町大字八島688-3
21上関小学校屋内運動場上関町大字長島250
22中の浦小規模老人憩いの家上関町大字長島1540-31

家族会議の開催、非常持ち出し袋や備蓄の確保

平日の被災では、家族が一緒にいるケースはまれです。家族が別々の場所で被災したとき、どこで落ち合うか、避難場所はどこか、安否の確認方法などを普段から話し合っておきましょう。

また、最低限必要な物をリュックなどにひとまとめにし、もち出せるようにしておくことも大事です。その中には、現金、預金通帳、証券、印鑑などや懐中電灯、予備の電池、ラジオ、水筒や乾パンなどの緊急食料、そして下着類、小さな毛布、薬などを入れておくとよいでしょう。

非常持出し袋をたんすの奥にしまっていてはいざというときに役に立ちません。玄関脇の持ち出し易いところに掛けておいてください。水は一人当たり一日3 リットルが目安です。食べ物は調理の手間がなく、保存が利くものを備えておきましょう。

 

家具の転倒防止と危険箇所の把握

地震のとき、家具は凶器にもなります。屋内での負傷の原因で多いのが、家具の転倒によるものです。転倒防止のための固定を日頃からしっかりと行ってください。またガラスの飛散防止やストーブなど火器の安全点検も大切です。

災害時要援護者の支援

電柱が倒れ、瓦礫やガラスの破片が散乱。道路が陥没する・・・こうした地震直後の街を、お年寄りや乳幼児、体に障害を持つ方が、自力で避難することは困難です。少しでも余裕のある人は、できる限り支援の手を差し伸べてあげましょう。

地域コミュニティでの備え・・・防災訓練の実施、自主防災組織への積極的参加

大災害が発生した場合、自治体や消防署などの防災関係機関だけで被災した人々の全てを救助することは不可能です。家の下敷きになった人、あるいは火事で焼け出された人をいち早く助け出せるのは、隣近所の人々です。

災害にあってからなるべく早い時期に助け出す、あるいは消火活動をする。バケツリレーや消火器の操作は、普段からやっておかないと、いざというときに力を発揮できません。

「自分たちの命は自分たち自身で守る」。そのためにも自主防災組織活動に積極的に参加し、隣近所の連帯感を育てましょう。

 

お問い合わせ

総務課 総務係

電話 0820-62-0311  FAX 0820-62-1600

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった