年金への加入

加入手続き

 国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人が加入するもので、老齢・障害・死亡により「基礎年金」を受けることができます。
 国民年金には、「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」と3種類があり、どの制度に加入するかにより、保険料の納め方が異なります。

<種別について>

第1号被保険者・・・自営業者、農林漁業従事者、学生、フリーター、無職の人など国民年金加入者本人
第2号被保険者・・・会社員、公務員で厚生年金、共済組合加入者本人
第3号被保険者・・・2号被保険者に扶養されている配偶者

 

◎20歳になったとき(厚生年金や共済組合に加入していない人)

 種別:第1号被保険者

(対象者)
 農業等に従事する、学生、フリーター、無職の人など。
(保険料の納付方法) 
 納付書による納付や口座振替など、自分で納めます。(納められないときは、免除や納付猶予の仕組みがあります。)

 年金事務所から手紙が届きます。役場保健福祉課窓口で手続きしてください。

 

◎就職したとき

 種別:第2号被保険者

(対象者)
 厚生年金保険の適用を受けている事業所に勤務する者であれば、自動的に国民年金にも加入します。(ただし、65歳以上で老齢年金を受ける人を除きます。)
(保険料の納付方法)
 国民年金保険料は厚生年金保険料に含まれますので、厚生年金をかける人は自動的に国民年金にも加入することになります。厚生・共済各制度が、国民年金制度に基礎年金拠出金を交付します。

 

◎サラリーマン(厚生年金等加入者)の被扶養配偶者になったとき

 種別:第3号被保険者

 配偶者の会社で手続きしてください。

 

◎配偶者の退職などで、サラリーマン(厚生年金等加入者)の被扶養配偶者ではなくなったとき(20歳以上60歳未満の人)

 種別:第1号被保険者への変更

 印鑑、年金手帳、配偶者の離職票又は退職証明書を用意して、役場保健福祉課窓口で手続きしてください。

 

お問い合わせ

保健福祉課 国保年金係 

電話 0820-62-0877  FAX 0820-62-1541

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった