新型コロナウイルス感染症に伴う国民年金保険料免除等の臨時特例手続き

新型コロナウイルス感染症に伴う国民年金保険料免除等の臨時特例手続き

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入源となる業務の喪失や売り上げの減少等が生じて所得が相当程度まで下がった場合は、臨時特例措置として本人申告の簡易な手続きにより、令和2年5月1日から国民年金保険料免除・納付猶予申請や国民年金保険料学生納付特例申請が可能になりました。

国民年金保険料免除・納付猶予申請書

対象となる方(いずれにも該当する方が対象になります)

    1. 新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少した方
    2. 所得が相当程度まで下がった場合

※免除基準については日本年金機構ホームページや下記の問い合わせ先にお問い合わせ下さい。

免除対象期間

令和2年2月分~6月分まで ※令和2年7月分以降は改めて申請が必要です。

申請方法

 郵送または窓口にて国民年金保険料免除・納付猶予申請書に所得の申立書を添付の上、保健福祉課国保年金係まで郵送または役場窓口にて申請して下さい。所定の様式については役場窓口か日本年金機構ホームページにございます。

 

国民年金保険料学生納付特例申請書

対象となる学生(いずれにも該当する方が対象になります)

    1. 新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少した方
    2. 所得が相当程度まで下がった場合

申請対象期間 

令和元年分として、令和2年2月分から3月までと令和2年分として、令和2年4月分から令和3年3月分まで

申請方法

 郵送または窓口にて国民年金保険料学生納付特例申請書に所得の申立書、学生証のコピー(学生証の発行遅延等の事由によりお手元にない場合は後日提出)を添付の上、保健福祉課国保年金係まで郵送または役場窓口にて申請して下さい。所定の様式については役場窓口か日本年金機構ホームページにございます。

 

問い合わせ先

保健福祉課国保年金係(保健センター内) ☎0820-62-0877

徳山年金事務所  ☎0834-31-2152

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった